デンヤのリバプール日記

リバプールについて思ったことを書いていくブログ。

チャンピオンズリーグ グループステージ 第2節 リバプール対アヤックス レビュー

 

チャンピオンズリーグ グループステージ 第2節 リバプールアヤックス レビュー

[http://Embed from Getty Images :title]


www.youtube.com

結果は2ー1の勝利

※Gゴール Aアシスト Pペナルティ

17分 Gサラー Aジョタ

27分 Gクドゥス Aバーグハウス

89分 Gマティプ Aツィミカス

 

フォーメーション

リバプール

フォーメーションは4-3-3。

前の試合からヌニェスとカルヴァーニョに替えフィルミーノとミルナーをスタメンに起用。

怪我人 コナテ ヘンダーソン ケイタ チェンバレン ラムゼイ ケレハー ジョーンズ

アヤックス

フォーメーションは4-3-3または4-2-3ー1。

怪我人 ワインダル コンセイソン イハッタレン

交代

リバプール

66分 エリオット→ヌニェス ジョタ→フィルミーノ

90+1分 ディアス→ミルナー

90+3分 チアゴ→バイセティック

 

アヤックス

68分 レンシュ→サンチェス

80分 テイラー→グリリッチュ

86分 クドゥス→ブロビー

試合内容

17分 アリソンのロングボールからディアスとジョタと繋ぎ、浮いたサラーにパス。サラーがゴールを決めリバプールが先制。バッシ-が中に早く絞ったのでサラーが浮いた。

27分 サイドからポケット付近へのスルーパスの折り返しをクドゥスに決められ同点に追いつかれる。ファビーニョ戻ってほしかったところ。

89分 コーナーキックからマティプが決めリバプール勝ち越し。

リバプールは決定機の数から見るとあと2点ぐらい取って欲しかった試合。

75分のブリントのヘディングはやられたと思いましたが。

怪我人の復帰

[http://Embed from Getty Images :title]

マティプ

ビルドアップに行き詰ったらラインを突破するドリブル。ハイプレスの時に横のスライドの速さ。そして決勝点。お見事でした。

[http://Embed from Getty Images :title]

アゴ

攻守にバランスを取り左サイドのビルドアップを活性化。左サイドでビルドアップをできることによってサラーがゴール前で関与することが増加。攻撃に厚みができた。

[http://Embed from Getty Images :title]

ジョタ

ボールは収まり動きも切れていた。ディアスとジョタで入れ替わり、敵としては対応しにくい。左のハーフスペースで前を向いたジョタは脅威。落ち着いた判断でアシストを記録。

動けていたリバプール

総走行距離 ナポリ戦 111.57km アヤックス戦 116.8km

アヤックスは騙されただろう。チーム全体で5kmも多く走れている。明らかに動きは良かったし、トランジションも良くなってきている。

やはり休養は重要だな。

ロングボール

1得点目もそうだがロングボールを有効に使った。相手はハイラインなのでロングボールを使いリバプールのウイングの強みを活かせたのではないだろうか。

最後に

週末のリーグ戦が延期となり休養の取れたリバプール。見慣れたリバプールに戻りつつあります。週末のチェルシー戦も延期になったのでしっかり休んで素晴らしいリバプールを見せてほしいですね。